誤って3回ワクチン接種 新型コロナ、四日市の男性に

【四日市】三重県四日市市は30日、市内の診療所が80代の男性に誤って3回目の新型コロナウイルスワクチンを接種するミスがあったと発表した。今のところ男性の体調に異常はない。

市によると、診療所の看護師が往診の際に誤って接種した。接種後に男性の家族と話して誤りが判明。看護師は男性が1回しか接種を受けていないと思い込んでいたという。

ワクチン接種に関する国の手引きは、接種券や問診票を事前に確認した上で接種するよう接種の実施機関に義務付けているが、看護師は接種券などを確認せず接種したという。

市の感染症対策室は「接種時の確認を徹底するよう診療所を指導し、男性の体調も継続的に確認させる。他の医療機関にも改めて適切な接種を周知し、再発防止を図る」としている。