旋盤2級技能検定に2人 松阪工業高生が初取得

【旋盤を前に合格証書を示す安保君(左)と脇野君=松阪市殿町の松阪工業高校で】

【松阪】三重県松阪市殿町の松阪工業高校機械科3年の安保大河君=同市笠松町=と脇野颯斗君=同市市場庄町=がこのほど、普通旋盤作業の二級技能検定に合格した。同校で初めて。同時開催の県技能競技大会で安保君は最優秀の知事賞を受賞した。

二級技能士は社会人の受験が多く、合格率は60%程度。土日祝日の補習に参加して練度を高め、四日市工業高校で受験した。2人は近畿大学工業高等専門学校に編入希望。

安保君は「先生に百点のものを作れと言われ、練習でいっぱい削ってきた。知事賞が取れ、とてもうれしい」と喜んだ。

同科の浜辺恒彦教諭は「機械が変わるだけで癖やあそびなど個体差が生じる。非常に困難な状況の中で結果を残せた」とたたえた。