同居の子どもにわいせつ 30代男性巡査を懲戒免職 三重県警

保護者の立場を利用して同居の子どもにわいせつな行為をしたとして、三重県警は30日、警察署で勤務する30代の男性巡査を懲戒免職処分とした。県警は「被害者の特定につながる」として、元巡査を逮捕していたことを公表していなかった。

県警によると、元巡査は今年、県内の自宅で同居する18歳未満の子どもに対し、体に触れるなどのわいせつな行為をしたとして、監護者わいせつの容疑で逮捕された。被害者側の相談で発覚したという。

元巡査は容疑を認め、動機について「性欲を満たすためだった」と供述。「申し訳ないことをして反省している」と話しているという。県警は元巡査の勤務態度について「特に問題はなかった」としている。

県警は元巡査を逮捕した当時、この事案を公表していなかった。元巡査の氏名や逮捕された時期なども「被害者の特定につながり、生活に影響を与える可能性がある」として明らかにしていない。

西堀浩一首席監察官は「警察職員がこのような事案を引き起こしたことは誠に遺憾。今後は職員の規律保持を一層徹底し、県民の信頼回復に努めます」とコメントした。