桑名市総合医療センター 病院給食に地産食材 2社と購入協定 三重

【協定書を手にする竹田理事長(中)ら=桑名市総合医療センターで】

【桑名】三重県の桑名市総合医療センター(竹田寬理事長)と長島インターファーム(同市、岩谷聡代表)、日本ゼネラルフード(愛知県名古屋市、西脇司社長)は28日、同センターで「病院給食食材購入に係る協定」を締結した。

協定内容は「地産地消推進、地元産業活性化、環境負荷軽減」や「地産地消食材を使用したメニュー・新規食材開発」など。同センターは給食の食材として水菜、チンゲン菜、小松菜、ホウレン草などを購入する。

竹田理事長は「栽培された野菜を試食した。非常にみずみずしく、食感も良かった。入院患者さんにとって食事は大切で、楽しみでもある」とあいさつ。

岩谷代表は「入院患者さんに新鮮で衛生的な野菜を提供できてありがたく、作った野菜の意義を感じることができた。より良い生産物を研究する活力を与えていただいた」と意気込みを語った。

西脇社長は「水耕栽培による安全・安心で新鮮な食材を提供いただけるのはありがたく、生産者の顔が見える取り組みは患者さんの安心につながる。地元の食材を安定的に使用できることは、輸送に伴う環境負荷の軽減にもつながる」と語った。