三重県立図書館 「タイムスリップ1964」展 前回東京五輪の本紙も

【前回五輪の新聞記事など資料が並ぶ会場=津市一身田上津部田の県立図書館2階文学コーナーで】

【津】三重県立図書館(津市一身田上津部田)はこのほど、同館2階文学コーナーで企画展「タイムスリップ1964」を開いた。今年4月にあった県内の聖火リレーから昭和39年の前回五輪にさかのぼる形で当時の伊勢新聞の記事など約百点を展示している。8月4日まで。月曜休館。午前9時―午後7時(7月30日は午後5時まで)。

東京五輪に合わせ当時の熱気を感じてもらおうと企画。今年県内を走った著名人の聖火リレー写真や今回と前回それぞれの県内走行ルートのほか、昭和39年の聖火リレーや五輪開会式、県ゆかりの選手の活躍などを詳しく報じた伊勢新聞の記事などがある。

4月の県内リレーでボランティアを務めた小澤康孝さん(67)=同市一身田町=は「(コロナ禍で)沿道の人はそんなにいなかったが昔は人の数がすごい」と写真に見入った。

県新庁舎の完成など当時の県内の動きを紹介するコーナーもあり、担当の垣内志織主任(32)は「図書館は古い新聞や雑誌を実際に見ることができるので活用してほしい」と呼び掛けた。