三重国体 岡三証券が協賛金1000万円

【廣田副知事(右から2人目)に協賛金の目録を手渡した尾崎支店長(右端)と末野上席執行役員=三重県庁で】

岡三証券(本店・東京)は27日、三重とこわか国体・とこわか大会(全国障害者スポーツ大会)に1千万円の協賛金を贈った。両大会の運営費に充てる。協賛と寄付の総額は6億1219万円となった。

末野隆司上席執行役員と尾崎晋津支店長が三重県庁を訪れ、廣田恵子副知事に協賛金の目録を手渡した。末野氏は「創業当時からの変わらぬ社名は県民のおかげ。協賛金が県の発展にとって一助となれば」と述べた。

廣田副知事は「コロナ禍にもかかわらず多額の協賛金を頂き、気の引き締まる思い。有効に活用させてもらい、安全安心な大会にしたい」とあいさつ。両大会の機運醸成に向けた協力も求めた。