新型ウイルス 県内21人感染 四日市の飲食店でクラスター 三重

三重県は27日、未就学児から80代までの男女計21人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。四日市市内の飲食店でクラスター(感染者集団)が発生。県内の感染者は延べ5614人となった。

県によると、新たに感染が判明したのは、四日市市で9人、津市で5人、伊賀市、桑名市、鈴鹿市、松阪市、亀山市、朝日町、菰野町で各1人。7市町の12人は今のところ感染経路が分かっていない。

従業員や客ら4人の感染が判明していた四日市市内の飲食店では、新たに客1人の感染を確認し、県は県内85例目のクラスターと認定。店舗で感染が広がった可能性があるとみて、客への検査を進めている。

四日市市の80代女性は、24日に感染が確認された30代男性会社員の同居家族として検査を受け、陽性と判明。23日まで市内の介護施設を利用したといい、施設職員と利用者の17人が検査を受ける。