次期衆院選 鈴木知事、三重4区出馬へ 関係者に方針伝える

鈴木英敬三重県知事(46)が次期衆院選の三重4区に立候補する方針を関係者に伝えたことが27日、分かった。自民党から出馬する見通し。8月中の県議会本会議で表明する。

関係者によると、鈴木知事は8月11日に臨時の本会議を開いて出馬の方針を表明する公算。一方、本会議後に記者会見を開く見通しとなっている。

鈴木知事は20日の定例記者会見で、県医師会や4区の首長などから4区での出馬要請を受けたことを明らかにしつつ、出馬の判断については明言を避けていた。

4区には元三重テレビ放送アナウンサーで立憲民主党の坊農秀治氏(49)と、元津市議で共産党の中川民英氏(53)が立候補を表明している。