新型ウイルス 県内16人感染 7日連続2桁 三重

三重県は26日、20代―80代までの男女16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染者が10人以上となるのは7日連続。県内の感染者は延べ5593人となった。

また、県は新型コロナウイルス感染症で県内の医療機関に入院していた70代の男性が25日に死亡したと発表。感染者の死亡は18日ぶり。県内感染者の死者は114人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、四日市市で11人、津市で2人、伊賀市、鳥羽市、尾鷲市で1人ずつ。尾鷲市を除く4市の10人は感染経路が分かっていない。

伊賀市の80代男性は17日に発症し、24日に検査を受けたところ陽性と判明。県は同居家族1人のほか、男性宅で診察に当たった医師ら2人を接触者として検査する。

鳥羽市の30代男性会社員は22日に発熱し、24日に検査を受けて陽性と判明。21日まで県内の会社に出勤していたといい、県は職場の同僚ら13人を検査する方針。