新型ウイルス 県内16人感染 6日連続2桁 三重

三重県は25日、10代―50代までの男女16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染者が10人以上となるのは6日連続。県内の感染者は延べ5577人となった。

県によると、新たに判明した感染者は四日市市で9人、鈴鹿市で3人、松阪市で2人、いなべ市と県外で1人ずつ。このうち鈴鹿市を除く3市の6人と県外の1人は、感染経路が分かっていない。

鈴鹿市の30代男性会社員2人は、20日に感染が判明した職場同僚の濃厚接触者として検査を受けて陽性と判明。2人とも20日から症状がある。この会社で確認された感染者は3人となった。

四日市市の30代男女2人は、発症して検査を受けたところ陽性と判明。2人は市内の同じ会社で勤務していたが、互いの接触は確認されず、市保健所は勤務先での接触者調査を実施する方針。

25日現在の病床使用率は前日より0・2ポイント高い26・6%。22日から県のモニタリング指標で「注意レベル」(20%以上)に達している。重症者用病床の使用率は前日より2ポイント低い4・0%。