新型コロナ、11人が感染 県内5日連続2桁

三重県は24日、未就学児から60代までの男女計11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染者が10人以上となるのは5日連続。県内の感染者は延べ5561人となった。

県によると、新たに感染が判明したのは四日市市で3人、名張市で2人、桑名市、津市、亀山市、明和町、紀北町、県外で各1人。このうち4市町と県外の6人は今のところ感染経路が分かっていない。

名張市の30代女性と未就学児の男児は、22日に陽性が判明した30代男性会社員の同居家族。県内の教育・保育施設に20日まで通園していたといい、施設の園児や職員ら21人が検査を受ける。

24日現在の病床使用率は前日より1・9ポイント高い26・4%。22日から県のモニタリング指標で「注意レベル」(20%以上)に達している。重症者用病床の使用率は6・0%となっている。