17歳男性にモデルナワクチン接種 四日市市

【四日市】三重県四日市市は24日、同日にイオンタウン四日市泊店で実施した新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で、接種対象年齢の18歳に達していない17歳の男性1人に、誤ってモデルナ社製ワクチンを接種したと発表した。

現在のところ男性に健康被害はないが、体調に変化が生じた場合は救急対応可能な病院に連絡するよう促した。

市によると、原因は確認不足。会場の事務スタッフが、接種前に記入した予診票を確認する際に、男性が接種対象年齢に達していないと気付かなかった。接種後に予診票を再確認した際に気付いた。

同市の予約サイトでは、モデルナ社製ワクチンを18歳未満でも使用している同会場の集団接種に予約できるようになっている。注意事項を分かりやすく表示したり、会場での年齢確認を徹底したりして再発防止に務める。

同会場では、この日は約250人に接種。同日時点でほかにも18歳以下の市民2人の予約が確認され、予約の変更を促した。