国民民主県連 立民4候補の推薦見送り 「支持」にとどめる

【記者会見で、次期衆院選で立民候補の推薦を見送ると発表する金森代表(右)ら=津市桜橋2丁目で】

国民民主党三重県連は24日の役員会で、今秋までに実施される次期衆院選で、三重1―4区から立憲民主党公認で立候補を予定している4氏の推薦を見送り、「支持」とすることを決めた。

来年の参院選に向けて国民比例候補の浸透を図るに当たって、衆院選での立民候補の推薦は支援労組内の周知で食い違いが生じるため、難しいと判断。支持という表現で一定の方向性を出す形にとどめた。

金森正代表は津市桜橋2丁目の県教育文化会館で、役員会後に記者会見を開き「ようやく支持ということで決めた。1年前にお互いのたもとを分かった経緯があり、心情を一本化するのは大変難しい」と述べた。

加納康樹幹事長は支持という表現について「産別労組に温度差があった。いかようにも解釈できるようにした」と説明。「(支持するのは)自民党ではないという方向付けと理解してもらいたい」と語った。

前身の旧国民県連は昨年の秋、旧立民との合流を拒否し、解散。新たに国民県連を立ち上げた。立民県連から今春に立候補予定者の4氏について推薦を依頼されたが、これまで結論を保留していた。