勝田さん、中村さんが全国高校総体へ ソフト三重県代表

【インターハイでの健闘を誓った勝田さん(左)と中村さん=伊勢市役所で】

【伊勢】福井県敦賀市で27日に開幕する全国高校総合体育大会(インターハイ)ソフトボール競技に三重県代表として出場する伊勢市の高校生2人が20日、伊勢市役所で鈴木健一市長に意気込みを述べた。

県立津商業高校女子ソフトボール部3年の勝田杏さん(17)=伊勢市藤里町=と、同2年の中村結優さん(17)=同市小俣町=の2人。同部は、5月にあった県予選大会で優勝を果たし、出場を手にした。

市役所を訪問した2人は県予選を振り返り、準決勝でタイブレーク12回の激戦を勝ち抜いたことなどを報告。外野手で4番打者の勝田さんは「部の活動としては最後の大会。チャンスの場面で必ず得点したい。日本一になって金メダルを持って帰ってきます」と意気込んだ。外野手の中村さんは「得意の守備でチームを支えたい。目標にしてきた『日本一』をとりたい」と語った。

鈴木市長は「暑さやケガに気を付けて、日本一を目指し頑張って」と激励した。