車にはねられ自転車男性死亡 四日市の県道

【四日市】21日午前4時15分ごろ、三重県四日市市平津新町の県道で、自転車を押して歩いていた70歳―80代ぐらいの男性を、東進中の同市西富田町、会社員服部陽奈さん(24)の乗用車がはねた。男性は全身を強く打ち市内の病院に運ばれたが、約1時間半後に死亡が確認された。服部さんにけがはなかった。

四日市北署によると、現場は幅3.4メートルの道路。服部さんの乗用車は男性の後方から上り坂を同一方向に進行中だった。衝突の音を聞いた通行人が消防に通報した。服部さんは仕事からの帰宅途中だった。同署が男性の身元や事故原因を調べている。