全国高校野球選手権三重大会 16強出そろう

【木本―松阪商 九回表1死満塁から救援登板し、追加点を許さなかった松阪商の北村主将=松阪球場で】

第103回全国高校野球選手権三重大会は第7日の19日、県営松阪球場でベスト16を決める2回戦残り1試合があり、大会第2シードの松阪商が木本を4―1で下した。

松阪商は初回の2得点から試合を優位に進めた。投げては先発高山公平ら4投手で1失点リレー。4―0で迎えた九回、木本の反撃に遭い、2打席連続四球から1死満塁のピンチで木本9番岡﨑雄也に適時打を許すが、その後捕手から救援登板した北村音湧主将が後続を三振と内野ゴロに仕留めた。

20日の完全休養日をはさみ、21日に松阪など4球場で3回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろう。