知人宅侵入の男性を刺す 伊勢署、殺人未遂容疑で男逮捕 三重

【伊勢】知人のアパートに侵入してきた男を包丁で切りつけたとして、三重県警伊勢署は16日、殺人未遂の疑いで、伊勢市吹上1丁目、自称居酒屋経営櫻井大樹容疑者(40)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午前9時55分―同10時15分ごろまでの間、知人の40代女性が居住する伊勢市神久のアパートで、部屋に入ってきた40代男性の首を包丁で切りつけるなどして、殺害しようとした疑い。

同署によると、女性から「知らん男が入ってきて今取り押さえている」と119番があり、駆けつけた救急隊員が部屋の中で血を流して倒れている男性を発見し、同署に通報した。男性は意識不明の重体で、市内の病院で治療中という。

櫻井容疑者は「体や腕などを刺したが殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認している。女性と同容疑者はそれぞれ被害者男性との面識はないといい、同署は女性から電話で助けを求められた櫻井容疑者が自宅から包丁を持ち出し、アパートでもみ合いになったとみて詳しい状況などを調べている。