スケボーパーク「グッド!」 五輪カナダ代表、松阪で練習 三重

【松阪市総合運動公園スケートパークで練習に励むアンディ・アンダーソン選手=同市山下町で】

【松阪】三重県松阪市山下町の市総合運動公園スケートパークに事前合宿している東京五輪カナダ・スケートボード代表チームの練習が16日、報道機関に公開された。選手らは使い心地について「グッド!」と話した。

選手はストリート種目2人とパーク種目1人。スタッフはヘッドコーチら3人。15日に来県し、選手村へ出発する今月下旬まで市内のホテルに滞在し練習に励む。

同市はスケートパークにカナダ国旗と選手全員の顔写真を掲げて歓迎した。

アンディ・アンダーソン選手(24)は同パークについて「とてもいい。練習しやすい。自分のところと違い、周りにいろいろ面白いものがある」と述べた。

またコロナ禍について「1年間大会がなく不安で、目標を持てず続けていた」と振り返り、「競技はアートで自己表現でもある。世界に見せたい。そのチャンスがきた」と抱負を語った。無観客開催は「自分的には観客がいてもいなくても影響ないが、親を呼ぶことができないのが残念」と話した。