津の産直市場 弁当「ワッパ牛めし」販売へ 元相可高校教諭・村林さん監修 三重

【「ワッパ牛めし」を紹介する村林さん(右)と北川代表(クラギ提供)】

【津】農業専門店を運営するクラギ(三重県松阪市川井町)は16―18日の三日間限定で、津市戸木町の産直市場「みのり」久居店で元相可高校教諭の村林新吾さん監修のオリジナル弁当「ワッパ牛めし」を1個税込み746円で販売する。

同社は本年度から村林さんを顧問に迎え毎週末に県内の「みのり」で同校調理クラブ「まごの店」のオリジナル弁当を販売している。今回は久居店に弁当を出品する仕出し店「たけ一」(同市久居万町)と村林さんで新メニューを企画した。

国産牛こま肉と「みのり」に出品される地元産タマネギやインゲンを使用。自家製だしとたまりじょうゆをベースに味付け一志米コシヒカリの白飯に載せ、県産赤卵のゆで卵を添えている。「たけ一」の北川直人代表は「村林先生と味を確認しながら少し濃いめで食べ応えのある味付けにした」と話す。

弁当の販売は午前10時ごろから、各日10個限定でなくなり次第終了。問い合わせはみのり久居店=電話059(255)8310=へ。