松阪市 ワクチン接種計画見直し 供給量めどで2.5倍に 三重

【記者会見する竹上市長=松阪市役所で】

【松阪】三重県松阪市の竹上真人市長は15日、市役所で記者会見し、新型コロナウイルスワクチンの接種計画の見直しを発表した。国からの供給量が分かり、6日発表時に比べ2・5倍増やした。

同市川井町のクラギ文化ホールでの集団接種は25日から9月末まで、週2100回に増やす。7月6日発表時は同840回としていた。

64―55歳の集団接種の予約開始は7月16日から。予約できる期間は同25日―8月末。54―12歳の集団接種の予約開始は8月3日から。予約できる期間は同4日―10月末。

接種は同市と多気、明和、大台の3町が対象。1回目接種率は全体で31・1%、65歳以上で79・5%。