五輪・パラ選手応援を 津ゆかり4選手、メッセージ募集 三重

【市ゆかりの4選手を紹介するパネル展=津市役所で】

【津】三重県の津市は14日、東京五輪・パラリンピックに出場する市ゆかりの4選手を紹介する専用のホームページ(HP)を立ち上げ、メッセージの募集を開始した。同日、市内2カ所に懸垂幕も設置した。

市ゆかりの原沢久喜(五輪柔道男子100キロ超級)、南里研二(五輪セーリング男子レーザー級)、西岡良仁(五輪男子シングルス)、前川楓(パラリンピック陸上女子走り幅跳びT63)の4選手が出場する。

市は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、不特定多数が集まるイベントの開催は難しいと判断し、予定していたパブリックビューイングの中止を決定。自宅で応援してもらうため、HPなどを開設した。

ホームページでは選手のプロフィルや戦績、出場日程を紹介。選手への応援メッセージを9月6日まで募集している。メッセージはホームページで公開するほか、所属先を通じて選手にも届ける。

また、市は同日、市役所と市産業・スポーツセンター(同市北河路町)に「祝TOKYO2020」と書かれた懸垂幕を設置。この2施設ではパネル展も実施し、4選手の写真14枚を9月6日まで展示する。