津 ゴジラのワンシーン再現 山口さんジオラマ展 三重

【ゴジラの一場面を再現したジオラマを紹介する山口さん=津市美里町の美里ふるさと資料館で】

【津】三重県津市殿村の会社員、山口幸伸さん(45)はこのほど、同市美里町の美里ふるさと資料館企画展示室でゴジラなど特撮映画のワンシーンを再現したジオラマ展「幸伸展」を開いた。橋やタワーなど忠実に再現した作品を中心に36点を展示している。8月29日まで。入場無料。月曜休館(祝日の場合は翌日)。

山口さんは好きなゴジラのプラモデル制作をきっかけに市販のキットにない劇中のシーンを再現したいと思うようになり、12年前からプラスチック板やパテなどを使って自ら作るようになった。

これまでグループ展などの経験はあるが広い会場での本格的な個展は初。会場にはゴジラが勝鬨橋に迫る場面や名古屋テレビ塔を襲う場面、潜水艦に相対する場面などがずらりと並ぶ。特撮作品のほか人気ゲームの場面や戦国武将の甲冑(かっちゅう)を再現した人形もある。

山口さんは先天性の四肢障害で両手の中指が欠損しており「ゴジラも指が4本なので親近感が沸き好きになった。ジオラマは想像を具現化するのが面白い」と話す。「誰が見ても『あの場面』と分かるものにしたいと思って作っているのでじっくりと見てほしい」と来場を呼び掛けていた。