伊勢市ワクチン 2回目接種完了25.7% 国平均上回る 三重

【定例会見する鈴木市長=伊勢市役所で】

【伊勢】三重県伊勢市の鈴木健一市長は13日、定例会見し、新型コロナウイルスワクチンの接種状況を報告した。介護・高齢者施設等従事者や児童関係施設従事者など職種別優先接種については同日から予約受け付けを開始すると発表した。

同市によると、VRS(ワクチン接種記録システム)によるワクチン接種状況は12日現在、市内の全対象11万3115人のうち38・1%に当たる4万3077人が1回目接種を、25・7%の2万9086人が2回目接種を完了し、国の平均値(1回目29・6%、2回目17・8%)を上回ったとした。8月末には51・3%が1回目を、40・6%が2回目を完了する見通しとしている。

65歳以上の高齢者については7月末までに全対象者の2回目の接種が完了する見込みで、今月下旬からは職種別優先接種対象となる約6100人の接種も開始する。鈴木市長は「一日でも早く接種を終えることができるようしっかり取り組みたい」と話した。