バレー全日本6人制実業団選抜 ヴィアティンが男子V 初出場の女子は準V 三重

【全日本6人制バレー実業団選抜男子優勝大会初優勝のヴィアティン三重(チーム提供)】

バレーボールの第10回全日本6人制実業団選抜男女優勝大会は10、11の両日、愛知県のスカイホール豊田であり、三重県勢はヴィアティン三重の男子チームが優勝、女子チームが初出場で準優勝した。

男子は13チームが出場しほとんどがヴィアティン三重を始めとするV2勢で占めた。ヴィアティン三重は3チームの総当たりで行われた予選グループ戦から無敗を維持し、上位8チームによる決勝トーナメント決勝でトヨタ自動車を25―18、21―25、25―17のセットカウント2―1で下した。

女子は5チームによる総当たりで優勝を争った。ヴィアティン三重はV2のブレス浜松(静岡)を22―25、25―17、25―22のセットカウント2―1で下したが、9人制のV9チャンプリーグ6連覇中のパナソニックブルーベルズ(大阪)に18―25、21―25で敗れてパナソニックに続く2位で終えた。