三重高1年小倉さんが金賞 三重県高校写真連盟の夏季コン

【金賞に選ばれた小倉さんの作品「山からの延命水」】

三重県高校写真連盟(加盟22校)が主催する「第41回夏季写真コンテスト」がこのほど、津市内で開催され、19校から寄せられた687点の中から私立三重高校=松阪市久保町=1年生の小倉彩那さん(15)のカラー単写真「山からの延命水」が金賞に選ばれた。上位5作品は県代表として11月13、14日に滋賀県である第41回近畿高文祭に出品される。

日本リアリズム写真集団代表理事の写真家、英伸三氏が先月13日に審査し、入賞3点、入選7点、佳作27点を選んだ。

小倉さんの作品は自身の地元大紀町の景色をバックに水の入ったボトルを撮影したもの。古くから湧き出る名泉で「地元で親しまれている水を知ってもらいたかった。曇り空を狙ってペットボトルを斜めに撮ることによって面白い表現ができると思った」とし、金賞に驚きつつも「とてもうれしく思う。これからも地元の風景を撮っていきたい。見る人が不思議に思うよう工夫を生かしたい」と喜びを語った。

小倉さんの作品について英氏はタイトルの発想や構図を絶賛し「ざらついた地面、きれいな水、遠景の緑の山の風景との対比、それらがどんよりと曇っている空とうまく取り合っているところが良い」と講評した。

そのほかの上位入賞者は次の皆さん(かっこ内は学校名と学年)。銀賞=坂枝桜(海星1年)▽銅賞=福田夏奈(宇治山田2年)▽入選①村山元亮(桑名北1年)②森口心暖(皇學館3年)③伊藤 万紘(海星3年)④小池 真凛(高田2年)⑤秦彩乃(同)⑥阿部小鈴(宇治山田2年)⑦西岡美空(あけぼの学園3年)