松阪 焼き肉に合う辛みそ 「とっときみそ」が新発売 三重

【新発売の「焼肉のまち/松阪 辛みそ一番」=松阪市役所で】

【松阪】合同会社「とっときみそ」(三重県松阪市飯高町田引)は16日から、同市飯高町宮前の道の駅「飯高駅」などで「焼肉のまち/松阪 辛みそ一番」(120グラム、税込み620円)を新発売する。

とっときみそは同市飯高地域に伝わる。米こうじと大麦こうじにしょうゆ用のこうじを加え、半年間混ぜ続ける。味と香りが強い。年間8―9トン出荷し、売上高は約450万円。

「まつさか食のまちアドバイザー」の村林新吾氏の協力を得て開発。香りがいい青森県産ニンニクと、爽やかな辛味の唐辛子を配合した。

村林氏は「松阪牛は日本一。みそも日本一を出せる。単独でなく、焼き肉のたれと一緒に使ってほしい」と解説した。

大和修代表社員は「松阪牛、松阪豚、松阪鶏の産地。コロナ禍で家焼き肉を楽しむ方が増えている。健康づくりや楽しい食事空間づくりに貢献できると思う」とPR。「パンチのくるガツンとくる味」「激辛なのにすっきり」とアピールした。

飯高駅の「いいたかの店」と同市高町の松阪豚専門店「まつぶた」で販売する。