津・久居アルスプラザ 愛猫への思い表現 絵画やドレスなど50点 三重

【作品を紹介する本村さん(左手前)=津市久居東鷹跡町の久居アルスプラザで】

【津】コラージュ作家の本村藍子(作家名・iLodori aico)さん(39)=三重県四日市市釆女町=が愛猫への思いを表現した「本村さんちのクロネコ展」が8日、津市久居東鷹跡町の久居アルスプラザギャラリー3で始まった。4月に急逝した愛猫「ロロ」の絵画など約50点を展示している。9日まで。午前10時―午後9時。入場無料。

本村さんは黒猫4匹を飼っていたが、4月に7歳のロロが病気で急逝。悲しみの中でロロの絵や物語を制作していたところ、親交のある小澤さゆりさん(38)=四日市市=が発表を勧め、本村さんの実家の窪田モータース(鈴鹿市)の協力で今展が実現した。

キャンバスにアクリル絵の具で描いたロロの姿や、4匹の愛猫をイメージした不織布のドレスなどが並ぶ。思いに共感した作家仲間のバルーンアートや似顔絵もある。

本村さんは「作品にすることでペットロスがだいぶ埋まった。ペットの死は必ず来ること。皆で共有して受け入れていけるといい」と話していた。