サッカーJFL ミラグロス監督が退任 鈴鹿、昨季5位に導く 三重

【ミラグロス・マルティネス氏】

サッカー・日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズは5日、ミラグロス・マルティネス監督(36)の退任を発表した。今季14試合を終えた時点で17チーム中14位と低迷していた。当面、小澤司コーチ兼テクニカルディレクター(33)がチームの指揮を取り、後任の監督が決定次第発表する。

スペイン出身の同監督はJFL以上の国内カテゴリーで初の女性監督として2019年からチームを率いてきた。昨季のJFLはクラブ発足後最高の5位の成績を残した。チームを通じて「私に絶対的な信頼を示し機会を与えてくれたクラブに心から感謝します。この年月が監督として、人としても成長させてくれた」とコメントした。