「決勝進出を目標に」 男子1600リレー 川端選手、五輪へ抱負 三重

【鈴木知事に東京五輪の目標を語る川端魁人選手(左)=三重県庁で】

東京五輪の男子1600メートルリレーに内定している鈴鹿市立創徳中学校教諭の川端魁人選手(22)が6日、三重県庁の鈴木英敬知事を訪ね、五輪への抱負を語った。

松阪市出身。中京大を卒業した今春から創徳中の保健体育教諭をしながら、練習に励んでいる。中京大4年時の昨年10月の木南記念男子400メートルを46秒03の県新記録で優勝。大阪市で先月開かれた日本陸上競技選手権大会400メートルでも45秒75の自己新記録で制した。

川端選手は「手厚いサポートがあって日本選手権で思っていた以上の成績を残すことができた。生徒の応援も身近に感じられて力になった。五輪では決勝進出を目標に頑張っていきたい」と述べた。

鈴木知事は「努力や高い志に敬服する。五輪ではチームの中で皆をまとめながら良い成績を収めてほしい」とエールを送った。