三重国体 参加章と記念章が完成 大会の出場選手らに 三重

【三重とこわか国体・とこわか大会の参加章と記念章】

三重県は6日、三重とこわか国体・とこわか大会(全国障害者スポーツ大会)に出場する選手や監督らに贈る参加章と、とこわか国体のボランティアや補助員らに配布する記念章が完成したと発表した。

国体・全国障害者スポーツ大会局によると、参加章と記念章は尾鷲ヒノキ製で直径約3・5センチ。表面には両大会のマスコット「とこまる」と大会のロゴをあしらい、裏面には大会名を記載した。

両大会の実行委員会は9万1770個を作成。障害者スポーツ大会が障害者の社会参加を目的としていることを踏まえ、就労支援事業所に作業を委託した。選手らに郵送し、開会式で着用してもらう。

鈴木英敬知事は6日のぶら下がり会見で「とこまるの色合いが鮮やかで、非常に良い出来栄え。作り手の心がこもった参加章や記念章になったと思う。県産材の良さを感じてもらえるはず」と語った。