川崎衆院議員の引退意向 三重県知事「引き続きご指導を」

鈴木英敬三重県知事は5日のぶら下がり会見で、自民党の川崎二郎衆院議員(73)=比例東海=が引退する意向を固めたとする報道を受けて「私が三重県で政治活動をスタートするに当たって最初に骨を折ってもらった方の一人。感謝の気持ちに堪えない」と述べた。

鈴木知事は川崎氏の正式な発表を待つ姿勢を強調しつつ「(立候補した)衆院旧三重2区の選定責任者が旧三重1区の川崎先生だった。知事をしている間もきめ細かに電話をいただき、非常に県政の発展や推進にサポートいただいた」と振り返った。

その上で「県の政治において大きな役割を果たされた方なので、引き続き大所高所からご指導を賜りたい」と述べた。