結婚相談所リニューアル JMA四日市、カフェのような雰囲気 三重

【カフェのような落ち着いた雰囲気の相談スペース=四日市市堀木の結婚相談所JMA四日市で】

【四日市】三重県最大級の会員数を誇る「結婚相談所JMA四日市」(四日市市堀木)はこのほど、オフィスと併設する婚活パーティー会場をリニューアルした。

相談スペースを増設し、床面積をこれまでの3倍の約179平方メートルに拡大させた。相談スペースは来店客に緊張せずに過ごしてもらおうと、カフェのような落ち着いた雰囲気に仕上げた。パーティー会場は個室仕様で、周囲の目を気にせずに一対一でじっくりと話すことができるという。

顧客のメインターゲットが20、30代で、サポートするカウンセラーもほぼ客と同年代。30代前半の子育て中の女性が中心のため、県内の結婚相談所では初となるキッズルームを新たに設けた。

長引くコロナ禍の中、ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使ったお見合いや、オンライン形式によるカウンセリングにも力を入れ、好評を得ている。

結婚相談所と婚活パーティーを運営するエー・エス・シーの片山穰二社長(36)は「コロナ収束後もお客さまの選択肢の一つとして、オンラインでのお見合いやカウンセリングを続けていきたい」と話している。