川崎衆院議員が引退意向 後継は長男秀人氏に 三重

川崎二郎衆院議員

衆院三重2区を選挙区とする自民党の川崎二郎衆院議員(73)=比例東海ブロック選出、伊賀市=が次期衆院選に出馬せず、今期限りで引退する意向を固めたことが3日、分かった。次期衆院選三重2区では長男の秀人氏を後継とする方針。複数の関係者が明らかにした。

関係者によると、川崎氏は一部の後援会関係者らに対し、既に引退の意向を伝えたとされる。近く県内で支援者らを集め、正式に引退を表明する方針。記者会見の開催も予定しているという。

次期衆院選の情勢や世代交代の必要性などを踏まえて引退を決断したとみられる。関係者は「突然のことで非常に驚いている。秀人氏が地盤をしっかり引き継げるよう支援したい」と話す。

川崎氏は昭和46年に慶応大商学部を卒業し、松下電器産業(現パナソニック)の社員を経て55年の衆院選で初当選。運輸相や厚労相、自民党国対委員長などを歴任し、12期目。

秀人氏は民間での勤務を経て、現在は川崎氏の公設秘書を務めている。平成29年10月の前回衆院選では、川崎氏と共に選挙区内を遊説するなど、有権者に支持を求める姿が目立っていた。