五輪パラのPV中止 津市長「自宅で応援を」 三重

【津】三重県の前葉泰幸津市長は2日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、東京五輪・パラリンピックの開催に合わせて予定していたパブリックビューイング(PV)を中止すると発表した。

市によると、2日までに市にゆかりのある4選手が両大会の日本代表に内定している。五輪はアストホール(羽所町)、パラリンピックはお城ホール(西丸之内)でPVを実施する予定だった。

市は定員の抑制や応援方法など対策を検討したが、不特定多数が集まるイベントの開催は困難と判断。代替措置として、市役所などに選手に応援メッセージを送る特設コーナーを設置する方針。

前葉市長は、過去の五輪で実施したPVを振り返り「あのときの市民の盛り上がりや一体感を自国開催の五輪で体験できないのは残念。集まって応援するのではなく、自宅などで応援してほしい」と述べた。