津市の64歳以下、16日から順次予約受け付け コロナワクチン接種 三重

【定例記者会見に臨む前葉市長=津市役所で】

【津】三重県の前葉泰幸津市長は2日の定例記者会見で、基礎疾患のない64歳以下を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種の予約を16日から、年齢層別に順次受け付けると発表した。

基礎疾患のある人は2日から各医療機関で、予約の受け付けを開始。医療機関で予約できない場合は、市内3カ所に設置した集団接種会場の予約を12―15日の3日間、優先的に受け付ける。

基礎疾患のない60―64歳の予約受け付け開始は16日、55―59歳は20日。残りの12―54歳はワクチンの入荷状況に応じて今月下旬以降に予約の受け付けを開始する。

また、児童生徒と接する小中学校教諭や保育士、放課後児童クラブの職員ら約6千人のうち、未接種の約5500人を対象に夏季休暇中に市独自の優先接種を実施すると発表。一般接種とは別の会場を設ける。

前葉市長は接種の順序について「予約時の混乱を避けるために基礎疾患のある人から接種を始め、その後年齢別に小分けにして実施する。医療機関の負担軽減を図りたい」と述べ、理解を求めた。