「全国大会で優勝を」 少年野球の渡邊君が抱負 鈴鹿市長を訪問 三重

【末松市長に全国大会出場を報告する渡邊主将(右)=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】8月3―7日に大阪府で開催する「第52回日本少年野球選手権大会」の小学生の部に三重県代表で出場する硬式野球チーム「津ボーイズ」の主将で、鈴鹿市立鈴西小6年の渡邊駿君(11)が1日、同市役所で末松市長に健闘を誓った。

同チームは津市を拠点に活動。6月13、20日に開催した三岐支部予選大会小学生の部には、県内と岐阜県の計4チームが出場した。津ボーイズは決勝で三重伊勢ボーイズに14対13で勝ち優勝。2年ぶり14回目の全国大会出場を決めた。

渡邊主将は「2年前の全国大会では1勝したので、それを超えて優勝したい。将来の夢はプロ野球選手」と抱負を述べた。

末松市長は「全国大会出場おめでとう。実力を発揮し、夢に一歩でも近づけるよう頑張って」と激励した。