JA伊勢 伊勢茶ペットボトル寄贈 三重とこわか国体応援

【岡事務局長に伊勢茶のペットボトルを手渡す酒徳専務理事(右)=伊勢市の三重とこわか国体・大会伊勢市実行委事務局で】

【伊勢】三重県のJA伊勢は30日、三重とこわか国体・大会を応援するため、伊勢茶のペットボトル(500ミリリットル)千本を、同大会伊勢市実行委員会に贈った。

JA伊勢の酒徳雅明専務理事(63)が、伊勢市神田久志本町の実行委員会事務局を訪れ、岡康弘事務局長に手渡した。市内開催競技の監督やチーム関係者らが出席する事前の代表者会議などで活用する。

酒徳専務理事は「コロナ対策など対応に苦労されていると思う。大会成功を願い、精いっぱい応援したい。来県する方に地元の伊勢茶を味わってもらいたい」と話した。

JA伊勢は同市をはじめ管内の5市7町の実行委に、計約3800本を順次寄贈する。