球児の夏、開催へ支援を 目標300万円、CF始まる 10日開幕の高校野球県大会 三重

三重県高校野球連盟は30日、7月10日開幕の第103回全国野球選手権三重大会の開催費用を調達しようとクラウドファンディング(CF)を始めた。新型コロナウイルスの影響で財政が悪化している上、10月には県内で三重とこわか国体の開催も控え、さらなる出費が見込まれるため、CFを通じて支援を求める。
目標金額は300万円で、球場使用料や警備員の人件費などに充てる。1口千円からで、支援者の名前をCFのサイトに掲載するほか、5千円以上の寄付をした場合は礼状が届く。募集期間は8月31日まで。目標を上回る金額が集まった場合などは秋以降の公式戦の運営費に回す。

支援はクラウドファンディングサイト「A―Port」から。同サイトでは30日現在、三重以外も神奈川、千葉、鳥取など9県の高野連が支援を募っている。