個人事業税と不動産取得税 スマホ決済OK 三重県、きょうから

三重県は30日、個人事業税と不動産取得税の納付方法として、7月1日から「PayPay(ペイペイ)」などのスマートフォン決済アプリを導入すると発表した。

県によると、30万円以下の納付に限って利用できる。納税通知書に印刷されたバーコードをアプリで読み取って納付する。従来通り県税事務所や金融機関の窓口でも納付できる。

デジタル技術を活用して業務を効率化させる「スマート自治体」に向けた取り組みの一環として導入。納税者にとっての利便性を高めることで、納付率を向上させる狙いもある。

また、7月1日からはコンビニでも個人事業税と不動産取得税の納付を可能とする。MMK(マルチメディアキオスク)端末のあるスーパーやドラッグストアでも納付できる。

税務企画課は「アプリでの納税方法を記載したチラシを納税通知書に同封するなどして周知する。引き続き納税者の利便性を向上させる環境の整備に努める」としている。