三重県知事、給与1330万円 令和2年分の資産公開

鈴木英敬三重県知事の令和2年分の資産公開が30日に始まる。給与所得(所得解除後)は約1330万円で、前年比で約290万円の減少。講演料などの雑所得は約76万円だった。

県によると、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「県民の気持ちに寄り添う」などとして、6月分の期末手当(ボーナス)約315万円を全額カットしたことが減少の主な理由という。

雑所得も前年から約12万円の減少。前年は11件の計約67万だった講演料は5件の計約28万円にとどまったことなどが理由という。新たに取得した不動産や有価証券などはなかった。

知事の資産公開は1年間の所得や新たに取得した資産を対象とし、条例に基づいて毎年実施。役員を務めている会社があれば社名や役職も公開する。県栄町庁舎の情報公開窓口で閲覧できる。