三重県知事「啓発に適したか疑問」 県HPから削除のイラストで

鈴木英敬三重県知事は29日のぶら下がり会見で、県が「外国人差別を助長する」との批判を受けてホームページから削除したイラストについて「啓発に適したものかというと疑問に思う」と述べた。

鈴木知事は県の担当者から「イラストに違和感を感じたが、県警の依頼があったので掲載した」との報告を受けたと説明。今後は人権課やダイバーシティ社会推進課と掲載の可否を協議する対策も紹介した。

その上で「違和感があったときに、立ち止まって議論する必要があったのではないか思う」と指摘。「県庁はもとより、差別や偏見につながらない対策の徹底を県警にも求めたい」と語った。