新型ウイルス 県内3人感染、1人死亡 3日連続1桁 三重

三重県は28日、10代と40代の男女計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染者が10人を下回るのは3日連続。県内の感染者は延べ5248人となった。

また、県は新型コロナウイルス感染症で県内の医療機関に入院していた90代の女性が27日に死亡したと発表。変異株の検査結果は「判定不能」だったという。県内感染者の死者は111人となった。

県によると、新たに判明した感染者は、鈴鹿市、伊賀市、鳥羽市で1人ずつ。このうち鳥羽市の40代女性パート従業員については今のところ感染経路が分からず、県は職場の同僚5人を検査する方針。

これまでに従業員2人の感染が判明していた県内の会社では、鈴鹿市に住む40代男性従業員の感染を新たに確認。当初は接触者に特定されていなかったが、その後に発症して検査を受けていたという。