松阪 列車と踏切内で接触、男性死亡 三重

【松阪】26日午前10時ごろ、三重県松阪市大津町のJR紀勢大津踏切内の線路で、通過中のJR松阪発鳥羽行き下り列車「快速みえ」(2両編成)と男性が接触。男性はその場で死亡が確認された。乗員、乗客約50人にけがはなかった。

松阪署によると、付近にいた通行人から「飛び込んだ瞬間を見た」と一一〇番があった。男性は年齢30―50代とみられ、身元を特定できる所持品は見つかっていない。自殺の可能性が高いとみて調べている。

この事故でJR上下線で10本約320人に影響が発生した。