亀山市スポ協 優秀5選手と3団体表彰 功労者2人も 三重

【表彰状を持つ(左から)安田さん、宮﨑さん、松田さんと豊田会長=亀山市野村2丁目の亀山市スポーツ協会事務所で】

【亀山】三重県の亀山市スポーツ協会(豊田利一会長)はこのほど、令和2年度同協会員として全国、県大会で優勝や上位入賞した個人5人と3団体、永年にわたり同協会の発展に貢献した2人を表彰した。表彰状は所属団体から個々に手渡される。

25日には、同市野村二丁目の同協会事務所で、第36回全国高校重量挙げ競技選抜大会男子55キロ級で優勝した、亀山高校2年生の松田魁利さん(16)と、同大会男子73キロ級で5位入賞の同校3年生の宮﨑大地さん(17)の選手2人と、県シニアリーグで「亀山シニアFC」の監督兼選手として優勝するなどサッカーを通じて同協会の発展に貢献した、市職員の安田敏さん(53)に、豊田会長が表彰状を手渡した。

松田さんは「優勝した時はほっとした。これからもさらに練習を重ね、五輪の代表選手を目指します」、宮﨑さんは「もう少し頑張れば優勝も狙えた。悔いは残ったが、大学では新たなスポーツ『ボディビルダー』に挑戦します」と話した。

松田さん、宮﨑さん、安田さん以外の被表彰者は次の皆さん。

〈県大会で優勝した個人・団体〉中松曖弥(男子砲丸投げ)▽林里音(女子800メートル)▽林千華(中学女子1500メートル)▽野登ベースボールクラブ(学童軟式野球)▽夢球遊会(壮年軟式野球)▽Nitto(東日本軟式野球)

〈功労者〉森田吉久(県卓球協会の運営に貢献)