新型ウイルス 県内2人感染「まだ警戒」 26日は5人、時短要請見送り 三重

三重県は27日、30代と70代の男女2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。26日には20代―70代までの男性5人が感染したと発表。県内の感染者は延べ5245人となった。

県によると、26、27両日に発表された感染者は、志摩市で2人、四日市市、桑名市、鈴鹿市、津市、伊賀市で1人ずつ。志摩市の2人について、今のところ感染経路が分かっていない。

26日の感染者が17人を下回ったため、県は営業時短要請などの措置は見送った。県は感染者が2日連続で17人以上となった場合などを措置の指標に定め、25日の発表分は22人に達していた。

鈴木英敬知事は「直ちに厳しい措置を実施する状況には至らなかったが、まだまだ警戒が必要な状況に変わりはない。改善傾向を確かなものとするため、引き続き対策に取り組む」とのコメントを出した。