走り高跳び衛藤3位「すっきりしない」 日本陸上選手権

衛藤昂

16年リオデジャネイロ五輪の男子高跳びに出場した鈴鹿市出身の衛藤昂(30)(味の素AGF)が24日、東京五輪代表の最終選考会、日本陸上競技選手権大会に出場して2メートル24を跳び、3位となった。参加選手のうち、五輪参加標準記録の2メートル33を跳んだ選手はおらず、今月29日以内に世界ランキングで32位以内の選手が、東京五輪への出場権を獲得する。

試合後、報道陣の取材に応じた衛藤は「すっきりしない試合になった」と振り返った。「調子は良かった。この流れでいけば(2メートル)30のラインに乗せられると感じていた」。だが、2メートル27センチの1回目の跳躍前に足がつってしまったといい、「予兆がなく、いきなりきてしまったので動揺した」と語った。

日本選手権について「最後だなとはっきり感じた。今まで日本選手権はしっかり抑えてこられてたのが、今日できなかったのが自分の中でショックだった」と話した。

衛藤の世界ランキングは26位で、戸邉直人(JAL)の19位に次ぐ日本人上位2位につける。衛藤は「しっかり跳んでランキングで決めきるところまで持っていきたかった。祈るだけ」と前を向いた。