三重県 観光キャぺーン実施へ 事業者支援、39億円補正案 三重

三重県は23日、県民向けの観光キャンペーンを実施する費用などを盛り込んだ39億1400万円の一般会計補正予算案を発表した。28日の県議会本会議に提出し、30日に採決する予定。

県によると、観光キャンペーンの実施費用には37億7800万円を計上。1泊につき最大5千円を割り引き、土産物店などで使える2千円のクーポン券を配布する。早ければ7月中にも始める方針。

また、旅行商品の開発や販売を補助する費用として1億3600万円を計上。公共交通機関の活用や県内を目的地とすることなどを条件に、1件の開発につき1万5千円―20万円を旅行会社に支払う。

補正予算案は、まん延防止等重点措置の解除を受けて策定。全額を国の交付金や補助金で賄う。コロナ対応の予算提出は令和元年度最終補正から20回目。総額は1834億4500万円に上る。