鈴鹿市 28日からワクチン接種開始 基礎疾患ある希望者や64歳 三重

【市の新型コロナウイルスワクチン接種状況について説明する末松市長=鈴鹿市役所で】

【鈴鹿】三重県鈴鹿市の末松則子市長は21日の定例記者会見で、市の新型コロナウイルスワクチン接種状況を説明。高齢者の接種が早く進んでいることから、基礎疾患がある希望者や64歳の一般を対象に、今月28日から接種を始めると発表した。

当初計画では、7月からの接種開始を見込んでいた。63歳以下の一般については、接種状況を確認しながら順次年齢別に接種券を送付する。

市によると、消防職員を含めた現在の医療従事者(計7423人)のワクチン接種状況は、2回接種済みが73・7%(5470人)、高齢者(5万2453人)の2回接種済みは23・6%(1万2401人)で、約73%(3万8千人)が予約済み。そのほか、ホームヘルパーや保育士などエッセンシャルワーカー767人も接種した。(いずれも21日午前8時現在)。

これまでに市内の接種者で重篤な副反応の報告はないが、2回目接種後の発熱や倦怠(けんたい)感は、半数以上に出る傾向があるという。優先接種を受けた消防職員は4割以上に発熱傾向があり、看護士や保育士など若い女性にも倦怠感が多く見られた。

そのほか、鈴鹿商工会議所が会員企業約3200社を対象に、7月以降で職域接種を始める。

末松市長は「このスピードでいけば、11月初旬までには希望者への接種が完了する予定」と話した。