新型ウイルス 県内5人感染、1人死亡 三重

三重県は21日、10歳未満から50代までの男女5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者が10人を下回るのは3日連続。県内の感染者は延べ5190人となった。

また、県は新型コロナウイルスに感染して県内の医療機関に入院していた60代の男性が20日に死亡したと発表した。変異株への感染の有無は判明していない。県内感染者の死者は110人となった。

県によると、新たに判明した感染者は四日市市、志摩市、伊賀市、名張市で1人ずつ。残り1人の居住地は公表していない。うち3人は感染者の接触者。四日市市と志摩市の2人は感染経路が分かっていない。

名張市の50代女性幼稚園職員は、19日に感染が判明した20代男性会社員の同居家族。女性が勤務する県内の幼稚園では、園児や職員ら40人が検査を受ける。