度会町に布マスク8000枚 ネイション産業、ワクチン接種会場で配布 三重

【中村町長(左)に布マスクを手渡す村田社長=度会町役場で(同町提供)】

【度会郡】三重県度会町棚橋で縫製加工業を営む「ネイション産業」の村田誠司社長がこのほど、度会町役場を訪れ、自社が製造する布マスク8千枚を町に寄贈した。マスクは新型コロナウイルスワクチン接種会場で接種を終えた町民らに配布していく。

同社は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、婦人服の縫製技術を生かして布マスクを製造。昨年も町内の児童や園児らにマスクを寄贈し、今回で3回目となる。村田社長によると、同社のマスクは抗菌加工や接触冷感、速乾性があり、繰り返し洗って使えるという。

中村忠彦町長は「ワクチン接種が済んだ後もマスク生活は続くので感染予防に役立てていきたい」と感謝した。村田社長は「このマスクを活用してもらい、少しでも町民の方々の役に立てれば」と話した。